なぜ、腰の痛みが起きるのでしょうか? 腰の痛みが起きてしまうのには原因がありますが、その原因は人によって様々です。 主な原因としては、筋肉疲労や筋力の低下、骨格の歪みなどが考えられます。 長い時間、筋肉を使うスポーツをしたり、自動車の運転を続けたり、長時間のデスクワークなどは、筋肉疲労を引き起こします。 いわゆる筋肉が張った状態、乳酸がたまった状態になり、腰の痛みに繋がるのです。 それに、筋力が低下してしまうと、腰の筋肉に負担がかかって、痛みが出ることもあります。 また、肥満も体の重さを筋力で支える際、常に過度の負担が腰にかかるので、腰の痛みを引き起こすことがあるようです。 それから、骨格が歪んで全身のバランスが崩れると、腰痛が起こりやすくなるでしょう。 姿勢や歯の噛み合わせが悪いことによっても、骨格の歪みが生じて、腰の痛みが起きることがあります。 筋肉疲労や筋力低下、骨格の歪みが腰の痛みの原因の場合には、同じような姿勢で長くいることを避けて、軽い運動やストレッチをするといいですね。 ただ、あまり激しい運動は逆効果になりますので、医師に相談するようにしてください。 腰の痛みの原因としては、その他にも、ストレスや血行不良、内科的な病気なども考えられますから、腰の痛みを感じた場合は、必ず病院で診てもらうようにしましょう。